china uk spain germany south_korea france vietnam

athlete

茨城いのちの電話

屋上のサンタ2020の冬

関耀会 まごころの杜

みらいのもり保育園

テニストーナメント

セキショウグループMAP

サービスステーションMAP

ガスWEB会員専用ページ

ADVANCE勤怠クラウド

U-Car 情報

新車・中古車情報

スタジオS with T

セキショウグループオフィスの紹介

つくばエクスプレス開業の歴史とともに | 関彰商事

about_sekisho_ttl

title_image

つくばエクスプレスを乗られている方なら1度は利用したことがあると思われる各駅構内の
ファミリーマート。実は、セキショウグループのグループ会社であるセキショウブランニュー
システム株式会社が運営しています。
2005年に開業したつくばエクスプレスは、ITの拠点である秋葉原と、先端技術開発の拠点である
筑波研究学園都市を最速45分で結ぶ延長約58kmの都市高速鉄道として誕生しました。
開業に合わせて弊社では、地元企業としてつくばエクスプレス沿線事業へ参入を決め、
「新たな情報の発信源になることで沿線地域の発展に貢献したい」という思いのもとに、
am/pmブランドのコンビニエンスストア運営へ参入しました。2011年頃からファミリーマートとの
合併を機に、徐々に各駅構内の店舗をファミリーマート看板に変えていきました。

map_japan_and_vietnam

地域に合わせた工夫でより便利・快適に

開業時は、つくば駅、守谷駅、流山おおたかの森駅、北千住駅、秋葉原駅の5駅構内に出店。快速列車が停止する上、つくば駅を除いて別路線との乗り換えができるなど利便性が高く、これまでにも多くの皆様にご利用いただいています。
つくばエクスプレス利用者の増加に伴い店舗数を増やし、現在つくばエクスプレス主要駅構内では9店舗(つくば駅、研究学園駅、守谷駅、柏の葉駅、流山おおたかの森、三郷中央駅、八潮駅、北千住駅、秋葉原駅)を運営しています。

street_in_vietnam
この他、埼玉県の路面店として、鴻巣笠原店、大宮桜木町店の2店舗は、関彰商事の根幹となるエネルギー事業と組み合わせた、給油が出来るコンビニ「エネオス・ファミリーマート」を運営しており、お客様により付加価値の高いサービスを提供しています。

sekisho_vietnum_logo

「モノ」より「コトを大切にする時代

世の中では、「モノよりもコトの時代」だといわれています。人々が「商品の所有」という目に見える価値よりも、「その商品やサービスを購入したことで得られる体験」という目に見えない価値をより重要視する時代になってきています。そのため、機能的な価値を提供するだけでは価値を生み出せないのです。ファミリーマートでも入店時のあいさつやレジでの対応、品ぞろえや陳列、店内の清潔さなど徹底し、お客さまに「商品としての物を買ってもらうだけではなく、お店を利用して新鮮な気持ちになってもらうこと」を大切にしています。これからも、地域の皆様に最も身近なインフラの1つであるコンビエンスストアを通じて、皆様の生活を支えて参ります。

©2016 SEKISHO CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED