china uk spain germany south_korea france vietnam

athlete

茨城いのちの電話

屋上のサンタ2020の冬

関耀会 まごころの杜

みらいのもり保育園

テニストーナメント

セキショウグループMAP

サービスステーションMAP

ガスWEB会員専用ページ

ADVANCE勤怠クラウド

U-Car 情報

新車・中古車情報

スタジオS with T

セキショウグループオフィスの紹介

こんなことまで!? 筑波大学セキショウフィールドの誕生 | 関彰商事

about_sekisho_ttl

title_image

関彰商事は、社会貢献活動として様々な取り組みをおこなっています。
学生を支援するため「関彰育英会」、社会福祉活動を支援する「セキショウふれあい基金」、
そのほか、子ども達に対するスポーツ支援など多岐に渡ります。
その中の1つとして、地元の大学である筑波大学のグラウンドに対して人工芝の物納寄贈を行っています。
この寄贈によって、土のグラウンドから、青々とした人工芝グラウンドに変貌を遂げ、
使用する学生達にとって最良の運動環境が整いました!
あわせて「大学施設を市民の皆様にも開放していく」という大学の指針によって、
地域の皆さんにとっても新たな交流の場となることにも期待しています!
そこで今回は、地元 筑波大学に人工芝を物納寄贈して完成した『筑波大学セキショウフィールド』に
ついて、完成までの写真やエピソードを交えてご紹介していきます!

map_japan_and_vietnam

学生により良い教育・運動環境を!

筑波大学には、授業や部活動で使用されていた「第2サッカー場」と呼ばれる土のグラウンドがありましたが、作られてから約40年が経過しており、安全面や衛生面において懸念されていました。その状況を聞いた弊社社長の関が「地元である筑波大学の学生に、より良い環境で活動をしてもらいたい!」との思いで、グラウンドへの人工芝敷設と周辺環境整備の物納寄贈を筑波大学へ提案し、双方合意の上で着工することとなりました。

生まれ変わりゆくグラウンド

2016年1月から工事がスタート。工程を簡単にご紹介しますと、重機を使って表面を馴らし、雨が降っても排水されるよう砂 利など敷き詰め土壌を整えます。その上にロール型の人工芝を隙間なく貼り、プレイヤーの膝や腰の負担を軽減するための ゴムチップが撒かれ、大学側から感謝を込めて命名頂いた「筑波大学セキショウフィールド」の名称をいれて完成! およそ4ヵ月の工事期間を経て、人工芝のグラウンドに生まれ変わりました。

street_in_vietnam
street_in_vietnam
street_in_vietnam
street_in_vietnam
street_in_vietnam
street_in_vietnam

sekisho_vietnum_logo

「始蹴式」で完成をお祝い

2016年4月27日には竣工式が執り行われ、関係者約40人と部活動で主に利用するアメフト部・ラクロス部・蹴球部(サッカー部)の学生、約150名が参加しました。
竣工式の中で永田学長は、「完成したグラウンドは、間違いなく世界最高レベル。教育や研究、課外活動に、最大限に活用させていただきますが、今回最大のポイントは『出来る限り市民に開放をす
る』という点です。地元の大学として地元に貢献できるように活用して参ります」とあいさつされました。続けて行われた「始蹴式」と題して行われたPKでは、永田学長の鋭いシュートがゴールネット隅に突き刺さり、筑波大学セキショウフィールドでの記念すべき第1号ゴールに会場が大いに盛り上がりました!

image_of_hust_soccer_club

新たな潮流、新たな交流

現在も筑波大学セキショウフィールドをホームグラウンドとしている、アメフト部、ラクロス部をはじめ、弊社のサッカー部(セキショウFC)が練習やリーグ戦で使用しています。この他にも学内の授業やスポーツ・デーといった学校行事はもちろん、地域の子ども達を対象にしたサッカー教室なども行われているなど、様々な地域の皆さまに利用されています。また、弊社とハノイ工科大学サッカー部とで結んだスポンサーシップ契約に基づき、ハノイ工科大学サッカー部を日本に招待した際には筑波大学蹴球部との交流試合を行いました。
このように、筑波大学セキショウフィールドをきっかけに、大学・企業そして地域の皆様が繋がりを持つことで、地域における「新たな交流」の場として定着すると共に、「新たな潮流」が生み出されることを願っております。

©2016 SEKISHO CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED